自己責任<旅編>

旅をしていて難しいのは、どこまでかかわる人たちを信用するかという基準だと思う。

全く信用しなければそれだけ安全ではあるけど味気なかったり不自由だったり。

信用するならそれなりのリスクが必要。

 

例えば両替。

ガイドブックなどには銀行やホテルが安全と書いてあるけど、レートの問題もあるし

ネパールでは日本みたいに銀行がそこらじゅうにあるわけじゃない。

一度ネパールの銀行で外国人は両替できないと断られ、それを見ていた知らないお兄さんがバイクで

両替所まで連れて行ってくれたことがある←良い子は知らない人のバイクに乗ってはいけません。

 

何度がネパールを旅するうちに、雑貨屋のお姉さんと知り合いになり、

“親せきが両替商やってっからそこで替えてくれっぺ”

と言われたので、カトマンズに到着するとすぐにそこに向かってとりあえず両替することにしている。

 

通常より2%ほど良いレートで交換してくれるので、100万円なら2万円もお得!←そんなに持ってない

 

今回もカトマンズ到着と同時に両替に行き、10万円ほど両替しようとしたらお金が足りないので取って

来ると言い、店の前でプラプラしていたお兄さんに店番を頼みどこかへ行ってしまった。

 

店番のお兄さんは濃い顔でじっとこちらを見て、一言も口を利かない。

私(どうしよう、私の有り金狙ってんじゃ・・・)

ほんの数分が1時間くらいに感じられたころ、お兄さんご帰還。

すると留守番のお兄さん、こちらをみてニッコリ

「ハブァナイスデーマダーム」

ごめんなさい、ただのシャイなお兄さんでした。

 

最近エアチケはすべてスカイスキャナーで予約しているが、ちょっと冷やかし半分でのぞいた旅行代理店で

同じ値段にしてくれると言われたので(これが例の期待を裏切らない機体のとこ)ここで予約することに。

さきほど両替したお金を使おうとカバンの中で札束をほどこうとしたけど全然取れない。

なんとごついホチキスで止まっているではないか!

 

旅行代理店と言っても名ばかりで、ビルの一室にデスクとソファがあるのみ。

そのそのソファには、なにやってんだかわかんないお兄ちゃんが二人。

 

私(どうしよう、私が両替したぶんがたぶん彼ら3人の月給くらい?いやもっと?殺して川に放り込んじゃえ

とか思ってんじゃ・・・)

 

突然お兄さん

「ホチキス外れないんでしょ、僕が外してあげる」

よくあることらしい。

その後無事に会計も済み、私が帽子をどっかのお店に置いてきてしまったのを必死に探してくれ、リュックを

買いたいと言ったら私の荷物ぜんぶもって付き合ってくれ、その後何の見返りも要求せず、笑顔で立ち去って

言った。

 

私が他人を警戒するのではなく、世界中の人が私を警戒しなくてはいけないことにやっと気づいた47歳でした

ごきげんよう。

 

  • 2016.09.17 Saturday
  • -
  • 16:52

珍道中1

私の旅は仕入れを兼ねているので、帰り道の荷物の重量はいつも各エアラインの規定ギリギリになってしまう。

今回違うエアラインを使って移動したのでうっかり(←いつも)超過料金を取られるところだった、あぶないあぶない。

旅をしているとその国の物価に慣れてしまうので、超過料金数万円は日本の10万円くらいに感じてしまう。

(なんちゃって日本でも数万円で悲鳴上げるけど)

ネパールでなら失禁ものだ。

いろんな意味でもうそろそろ旅におむつが必要なお年頃なのかもと思う47歳ですごきげんよう。

飛行機、特に国際線で荷物の重量にうるさいのはわかるけれど、すべてがアバウトなガーナで(その時は

トルコ航空で一人21kg×2だった)片方が22kgあるから入れ替えろと言われ、もう一つが18kg

ぐらいだったのでいいじゃん、と言ったけど通らなかった。

そんなこんな苦労して搭乗したら隣には明らかに私より体重が100kg近く超過してるおじさんが座ってたりして

しかもシートに収まりきらなくて10時間生暖かったりするとホント、世の中って不公平だなって思う。

昨日、カトマンズからポカラという湖のある町まで飛行機で移動してきた。

往復14000円という格安もいいとこなので期待はしてなかったら、その期待してなかったことを裏切らない

機体でした。

で、チェックインの際になんと荷物の次に私も乗れという。

だれも乗ってる人いないし、何度も“あたし?”って確認したのだけど“あたし”らしい。

しかもデッカイ声で

“フィフティファイブキログラァ〜ム”

って叫ばれたんですけど。

ネパールの風習かなんかですかね?

何人かに一人やられるんですかね?

怒る人いないんですかね?

あっ、私のこと荷物だと思ったのかな?

ちなみに手荷物含めた重さですよ“フィフティーファイブキログラァ〜ム”は。

飛行機に乗ることがバス並みな感覚の人と違い、私は搭乗できるまでにものすごく緊張してしまう。

アナウンスがネパール語と、すんごい早口なネパール訛りの英語だったので私は画面に食い入るようにして

発着状況をチェックしていた。

ちょっと前から名前を呼ばれている人がいて、その名前が

“ウンコ シムダ”

で、韓国人かな、すごい名前だなと思ってたらなんと私だった。

どうやら

“期待してなかったことを裏切らない機体”

なエアラインは画面には出ず、直接呼ばれるらしい、しかもネパール語のみ。

でも、私何回もカウンターにも行ったんだよ、便が違うとわかってても“ポカラ”っていうアナウンスが

聞こえるたびにカウンターのお姉さんに聞いたんだよ。

目の前にいたんだから一言声かけてくれてもいいじゃない、私異邦人よ。

それともあれですかね

“期待してなかったことを裏切らない機体”

なエアラインに乗る人だからですかね

それとも名前が

“ウンコ”

だからですかね←日本語だからわからないかと思われる。

このように海外では最新の注意を払ってもハプニングに巻き込まれることもあります。

みなさまもお出かけの際には十分お気を付けください、あっ、オムツもお忘れなく。

“期待してなかったことを裏切らない機体”の機内

座席はこっちの下手なバスよりぼろかったです。


バンコク・カトマンズのジョギング事情

自己責任ネタは何回かアップしてきましたが、旅では何が何でもタクシーがキーワード。

暗くなったらタクシー、数百メートルでもタクシー、運ちゃんガラ悪い地域ではタクシーも

あきらめ夜は外出しない。

安産はお金では買えないけど、安全はお金で買えるのです←意味不明

100ネパールルピー(約100円)で運転手さんも私もハッピー!

安全はお金でとか言いながらこれが1000円だったらわからない、

でも魂は百円以下と自信を持って言える47歳ですごきげんよう。

 

どこに行くにもジョギング用品一式は必ず持っていく。

 

どうしてそこまでして走るのかと言われたら

 

“そこに道があるから”

 

と答えたいものだが、今回はバンコクで海鮮三昧をやらかしたツケのお腹をどうにかするため。

 

バンコクもカトマンズもあまり気候的にはジョギングには適してないが、バンコクは大きな公園も

多く、熱中症にさえ気を付ければ都会の割には良いジョギング環境だと思う。

一番大きい(と思う)ルンピニ公園などはジョギングコースもあり、駐在してる素敵な白人のお兄さん

お姉さんと並んで走るとなんだか自分もエリートの仲間入り気分←バカ

 

問題はカトマンズ

 

よく旅ブログなんかで

“私が知っているのはごく一部なので、そうでない場合もあるかもしれません”

なんてのをよく見かけますが、カトマンズに関しては例外なくジョギングには不向きです。

 

空気が異常に汚いので、マスクは必須。

けれどマスクするとメガネが曇る。

メガネが曇るとけっつまずいたり穴に落ちたりします。

自信を持って言えます

視力が0.1以下の人が裸眼で1km以上走るのは絶対に無理、途中で穴に落ちます、約束します。

 

さらに信号があまりない上に停電でほとんど動いてなかったりするので、これまた自己責任で

道路を渡らなくてはならない。

※これは渡っている途中の画像です

大縄跳びと同じ要領で、思い切って飛び込みましょう。

※あくまでも自己責任です

 

というワケで私は装着時間超過覚悟で朝からコンタクト&マスクでラン。

なんでそこまでして走りたいかと聞かれたら・・・上に戻る

 

現在滞在しているポカラという街は、トレッキングが主な観光なくらいなので、空気はとてもきれい。

だけど山の中に一人で入っていく勇気は無い、クマはいないだろうけどトラがいそう。

 

なワケで湖のまわりをぐるぐるしてればあっという間に10km20kmはいけます、壮大な山々を

見ながらのrunは格別です、明日までいるからどなたか一緒にいかが?

 

以前トレッキング中に素敵な草原にぶつかったので思わず入ろうとしたら

“あ〜だめ、コブラがいるから”と言われ凍り付いたこともあり、まだまだ自己責任者1級取得には遠い

47歳なのでしたおやすみなさい、すんごいスコール飛行機飛ぶかな・・・

 

 

 


黒電話

今回の旅に合わせてノートパソコンを購入した。
もともとPCに全く詳しくない&興味ないので、購入もたいそう億劫だったのだけど
それでもやはり新しいって楽しい(ちなみに以前のPCはファンが故障していて熱くなりすぎ、

一定時間使用していると電源が落ちてしまうという、毎日ががげっぷちパソコンだった)

 

がしかし、昨日の夜あたりから調子がおかしい。


Outlookの送信ができないのと、PCの何かがおかしい(←何がおかしいのか説明できないけど、

そもそも何がおかしいのか説明できる人はネット検索で解決できると思うの)

ヘルプデスクに電話しても専門用語は私にとっては外国語なのでなかなか解決できない。
そもそも理系のヘルプデスクの人たちって頭が固すぎると思う(自分の知識のなさは天まで棚上げ)
もっと融通の利いた、臨機応変な対応ができないものか?
例えば
ユーザー:“体調で例えると二日酔いみたいな”
ヘルプデスク:“では発熱はしていないのですね、それなら・・・”

とか

ユーザー:“気持ちがどんどん離れていく恋人みたいに、データが失われていくんです”
ヘルプデスク:“それは辛かったですね、ではわたくしができることから始めてみましょうか?”

こんなヘルプデスクがあったらきっと大人気、大儲け間違いなしと踏んでるのだが、だれか立ち上げないかな。

なんて空港で妄想中。

これからカトマンズへ。

↑な事情で日記がなかなかアップできませんでしたが、空港に到着したらちゃんとWi-Fiにつながって、

今のところはサクサク状態です。

きっとホテルのWi-Fiがいけなかったのね、うん、そう・・・と恋人の浮気を見て見ぬふりしてる人みないな心境で、

いざネパールへ。

たぶんバンコクでの美味しいものや楽しい出来事、続いてアップできると思いま〜す(たぶん)

 

で、タイトル。

たぶん私はこのパソコンの機能の5パーセントくらいしか使わないと思われ、それ以外の95パーセントのせいで

目的の場所にたどり着けないのだと思う。

楽々フォンがあるなら楽々パソコンがあったっていいと思う。

メールとインターネットとエクセルとワードのみ。

 

黒電話みたいなパソコンがほしいと心から思う47歳でしたごきげんよう。

 

※ぜんぜん旅の日記じゃないね。

 

  • 2016.09.13 Tuesday
  • -
  • 11:38

無事にバンコクへ

“パスポート発行日はご搭乗になれません”

 

という悪夢を見て飛び起きたりしたけれど、そんなことは起きず無事にバンコクに到着いたしました。

 

夜の9時に到着したのでなんとなく小腹がすいていたので、屋台でいろいろ買って(もちろんビールも)

ホテルへ。

 

おっと写真が横に、すいません、ポケモンバンコクでも大人気です。

 

今回宿泊するホテルは、植民地時代のお金持ちのお家を改装したもの、コロニアル様式っていうんですか?

内装も大変かわいく、バスタオルは像の形に(チャウチャウっぽけど)折ってあるし、天井には小さな

ヤモリのオプションが。

 

 

そしてWi-Fiをしようとしたらどうしてもうまくいかない。

こんなに堂々と立派な印刷物の誤字でした、なんてのも今回の珍道中な旅のごくごく一部な予感がする

47歳でしたごきげんよう。

 

取り急ぎ、無事に到着したお知らせでした〜今からウィークエンドマーケットというところに行ってきます。

 

 

 

 

 

 

  • 2016.09.11 Sunday
  • -
  • 14:20

旅支度

明日から東南アジア方面に出発します。

 

行先・帰国日は決まってないけど、まずはバンコクとカトマンズで用事を済ませてインド・・・は体力的にムリかなぁ。

タイとネパールで行ったことの無い場所をウロウロするかなぁ、といった感じです。

 

本日は旅の支度で大忙し

 

朝10km走ったら猛烈にお腹が空いて朝からとんかつ&うっかりビール

ちなみに夕飯は冷蔵庫の中身を整理した結果の巨大オムライス

 

 

 

その後個展会場へ作品を追加搬入し、そのまま曙橋でボイトレ。

本日の目からウロコは姿勢を直して歌うとこんなに楽なのね、と。

普段から姿勢が悪いと言われてるので、日々の生活でも気を付けよう。

猫背の私を見かけたら蹴りいれていいです。

↓壁に背中を付けて猫背矯正しながら歌う。

 

 

ええ、これらちっとも旅支度じゃありませんね、旅支度をする前にやること!ですね。

 

という訳でこんな時間に荷物詰めてます。

 

明日出発だというのにパスポートがまだ手元に届かないという。

 

成田はまだまだ遠い47歳でしたごきげんよう。

 

  • 2016.09.09 Friday
  • -
  • 03:38

久々の千葉そごう

昨日は千葉そごうの搬入の予定だったが、台風の為残業は一切禁止になり今日の朝一(7:30〜)搬入に。

しかしもうホテルも取ってあるし、7:30に千葉に行くには相当早起きしなくてはならないし、

とりあえず千葉に入って荷物だけ置いて飲みに行っちゃおう!と18:30には荷物置いて飲みに向かってた。

 

で、何度か行ったことのあるカキとワインのお店にGO!

私が到着した時点では貸切状態で、まずはビールと思ったらがぶ飲みシャンパン1500円がお得だったので

今日はこれ一本で我慢しようと思いこちらに←じゅうぶんだね。

 

生牡蠣2Pとアボガドとサーモンのタルタル〜♪

これと牡蠣のグラタンをシャンパンで流し込んでホテルに行こうとしたらまだ9時前。

22時チェックインの安いプランだったので、とりあえずホテルに電話して、哀れな声で

“すいません、台風で仕事がなくなったので1時間くらい早目にチェックインできませんか?”

と聞いたら

“できますが別途¥1000円頂戴いたします”

と来たもんだ。

こんな非常時になんて不親切な←台風の被害なにも受けてないけど。

 

あいつらに¥1000渡すくらいならカラオケで有効に(?)使おうと、一時間ほどはじけて無事に

チェックインし、爆睡し、7:30から猛烈に仕事したら、11時間働いたせいか、カラオケで

はじけすぎたせいか(←おそらく後者)夕方から疲労が激しく声も出なくなってしまった(←やはりカラオケ)

 

そんな時は鰻でしょう。

 

 

こちらは肝ではなくお頭、口の中に入れるととろけてしまった、意外な食感&美味。

 

 

今年初かな?

お頭が美味しすぎたせいか、本命の鰻にはあまり感激せず。

 

で、牛乳と卵だけ買うつもりだったスーパーで、早くも筋子発見、しかも半額!

ただいま醤油漬け製作中。

 

明日の夜はいくら丼♪

 

昨日は牡蠣、今日は鰻、明日はイクラ

 

明後日は・・・

 

痛風でしょうか?

 

お後がよろしいようで←よろしくない。

 

おやすみなさい♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


夏休み〜♪

新宿小田急無事に終わり、本日から嬉し恥ずかし夏休み。
打ち上げはお気に入りの焼き鳥屋で盛り上がり、商売道具一式入ったスーツケースを焼き鳥屋に忘れてしまった。
心より尊敬する手塚治虫先生のブラックジャックで、ブラックジャックが飛行機が墜落した時にメスを機内だか墜落
した付近だか(←尊敬してるのに忘れてる)に置いてきてしまい、バイオリニストの手術ができなかった時にそのバイオリニストが
“自分の大切なものは何があっても手元に置いておかなくてはならない”
と言ったシーンが忘れられず、作品や工具は宅急便では送らずに常に自分の手で持ち帰るようにしていたのにそれを飲み屋に
忘れてくるなんて・・・
アクセサリー作家は天職じゃなかったんでしょうか?
あくまでも自分のせいにしない、ポジティブな47歳ですごきげんよう。
予算達成したけど疲労限界も達成したのでゆっくりランチビールでもと思ったら、三鷹駅に新しいお店がオープンしていて
たくさんの飲んだことのないビールを発見したので購入、高かったのでお昼は自炊にしようとスーパーへ。
メカジキのアラが美味しそうだったので煮付けに、それと特売野菜の揚げびだし。
あらの下に刺身になりそうな部位がコロコロしていたので、加熱用だけど自己責任でお刺身で食べたら最高に美味しかった。
こういうおまけってとっても嬉しい。
楽しい夏休みになりそうな予感です。
この期間になにか習い事したくて、ボイトレかキックボクシングか点心作り。
自分でも何をしたいのかわからないチョイスですが、一緒に挑戦したい方いましたら←いない。

人生初のスーパーブランド

美人で頭が良くて仕事ができてバリバリ稼いでいると思われがちな私は、同じくグッチやプラダやシャネルやヴィトンに囲まれて生きているとも思われがちだけれども、実は一度もそれらを買ったことが無い、せいぜい化粧品くらい。

 

そんな私が昨日衝動買いでグッチのサングラスを購入した←デパートの社販で半額だった。

 

次回のアフリカ行に向けて、サングラスが欲しいなと思っていたこともあるけど、一番の理由は加齢によって最近頭髪が細くなってきたこと。

 

若いころの私の悩みは、とにかく髪が多すぎることで、三つ編みにすればしめ縄みたいだし、ポニーテールは落ち武者みたいだし、

ソバージュなんてやった日には扇を広げたみたいな量になっちゃうし、とにかく髪の毛で可愛さを演出するなんてことは皆無だった。

 

それが近年、一本一本が細くなり、生え際には憧れの産毛が(それまでは生え際までびっしり生えてて、時代劇のヅラみたいだった)

発生し、排水溝に髪がひっかかるようになり(ショートだと折れずにそのまま、まるで筏が滝から落ちるように髪が流れて行った)

憧れのカチューシャがはまるようになり、なんと寝癖までできるようになったのだ。

 

無いものねだりと言う言葉にぴったりだが、私は若いころずっと寝癖が憧れだった。

 

朝起きると髪の毛がぴょんと立っていて、傍らの恋人にからかわれる。

 

『ん~もう、イジワルッ!』

 

なんてやり取りがあこがれだったのだが、髪が固いせいでなんど恋愛を逃したことか←違う。

 

話がだいぶそれましたが、↓これがやりたかったの、それにはこのいやらしいくらいのグッチがよかったの♪

見てみて産毛〜♡

 

 

 

オチといたしまして、寝癖ができてももうこの年ではただの起き抜けのやり手ババアって感じです。

 

新宿小田急、本日数時間しかおりませんが(13〜18時)カチューシャしてますから皆様ぜひ産毛見に来て〜!!!

 

 

 

 

 


我が家の台所事情

明後日から新宿小田急なので、おかずを作り置きしようと(←仕事より食べ物が先)キッチンに立ったらお酢が残り少ない。

でもだいじょうぶ、先日ちょっぴりリッチだった時にちょっぴりリッチなお酢を買っておいたのよ〜ん・・・

 

見つからない。

 

はっきり覚えてないけど普通のお酢も買い置きがあったと思うんだけど

 

見つからない。

 

他にも買うものがあったので、とりあえずスーパーへ。

 

人生いろいろ心配なことが多いので、もうお酢の買い置きの事なんかで心配したくない!と一番おっきなお酢買ってみた。

 

帰宅したらぜんぶ見つかった。

 

 

誰か大量にお酢を消費するレシピ教えてください。

 

一番右は私のお夜食ビールです♪

 

も少し色々書きたいことがあるのだけど、そろそろ仕事しないと←遅い。

 

今回はカラフルな作品が多いです。

 

 

やっと気に行ったのが作れた、これからいくつ作れるかな?

 

では新宿小田急でお会いしましょう。

 

おやすみなさい←オイッ!

 


<< | 2/6PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM